電話を対応している女性

価値がある

複数のビジネスマン

横断幕は、野球場や競馬場などでよく見かけます。 野球場では、むやみに設置することは出来ず、球団が認めた私設応援団のみに設置が許可されています。 競馬場では、パドックと呼ばれる場所に横断幕が設置されています。この場合にもあらかじめ主催者に許可を取る必要があります。 その他にデモなどの場所にも、横断幕を掲げてデモ行進をしている姿をテレビなどでよく見かけます。 このように横断幕は、様々な場所で見かけることができます。 このような横断幕は自作の場合もありますが、業者に注文して作成してもらう場合もあります。その場合は当然コストがかかります。 依頼した時の価格は業者によって違いますが、その大きさによっても違います。 当然大きな方が費用はかかります。小さなサイズでは1万円ほどで制作してもらえますがビッグサイズともなると、20万円以上かかる場合もあります。 大きい方が目立つので、その意味ではコストに見合った価値があると言えます。

横断幕の歴史は非常に古く、245年にまで遡ります。 当時は、邪馬台国の時代でしたが、軍旗に使われていたというのです。 当時としては、軍旗は権威の象徴でしたので、横断幕はそういう意味合いとして使われてたみたいです。 その後源平合戦の時にも軍旗は活躍しています。 軍旗と言えば、「錦の御旗」が挙げられます。この「錦の御旗」も大変な権威の象徴で、この御旗を掲げれば正規軍となるとされていたような時代もありました。 このように実は横断幕は、歴史的に重要な役割を果たしてきたのです。 今では、誰かを応援したい場合、何かを主張したい場合に使われます。 そういったものを掲げれば目立ちますし、言いたいことを端的に表現できしかも相手に伝わりやすいのです。 このようにして、横断幕の目的は時代の変化とともに大きく変わってきているのです。