電話を対応している女性

様々なプレート

握手する

ネームプレートには様々な種類がありそれによって手がける会社によっても作成してもらえる値段は違います。 しかし、会社ごとに違う値段と言ってもそこまでの差は出ないので誤差として見ることにします。 まず、ネームプレートを作成するときに素材、レイアウト、フルカラー、形状変化、つまりどれだけオリジナル要素を増やすかを決めれます。 それぞれに値段がふられており、依頼する個数によって金額も上昇していくようになっています。 また、金額が低い、つまり1個か2個程度の金額だと1000円程度の付属料金が決められていますが、個数を頼むことでそれが緩和されるルールです。 つまり、頼めば頼むほど安くなる販売システムということです。 どの会社でもこのようなシステムでネームプレートは作成され販売されています。

わたし達は幼稚園の頃からネームプレートを左胸につけるという習慣がありました。 そのため、大人になって胸につけることはあっても、違和感などをあまり感じないと思います。 これは昔の習慣が自然と身についているからです。 それにより、仕事で取引先の人やお客様から名前を覚えられる、といったことにつながります。 お客様に関しては取引先の人と違い、名刺等と受け取りません。このことからネームプレートの存在は重要なものだということがわかります。 つまり、店としてもそれぞれの販売員を覚えてもらうためにネームプレートを凝ったものにしようとする流れができて、オリジナル性が溢れたものが作成されていくことになります。 もちろん全国の人が欲しがるため、その制作販売拠点は全国に及び作成されています。